VS 2003でも.NET Compact FrameWorkでボタンの色を変える

VS 2003でも.NET Compact FrameWorkでボタンの色を変える
VS 2005では、.NET Compact FrameWorkのアプリケーションで、
ボタンの色を変更できますが、VS 2003では変更できません。
カスタムコントロールを作るのも良いですが、
面倒な場合は、無料で利用可能なDLLが存在します。

こちらからダウンロードできます。
↓↓↓↓↓
http://www.codeproject.com/cs/miscctrl/PocketPCColourBtn.asp
海外のサイトで、ダウンロードするためには、メールアドレスを登録する必要があります。
メールアドレスを登録しても、めったにメールは来ません。
ColourControls.zipをダウンロードしたら、
Build_and_copy.batを実行します。
デフォルトでは、debugモードでビルドするので、
releaseモードでビルドしたい場合は、Build_and_copy.batのdebugをreleaseに置換します。
colourcontrols.dllとcolourcontrols.design.dllが作成されて、
colourcontrols.dllは、C:\Program Files\Microsoft Visual Studio .NET 2003\CompactFrameworkSDK\v1.0.5000\Windows CEに、
colourcontrols.design.dllは、C:\Program Files\Microsoft Visual Studio .NET 2003\CompactFrameworkSDK\v1.0.5000\Windows CE\designer にコピーされます。
ColorButtonというコントロールができるので、ツールボックスに追加します。
ツール→ツールボックス アイテムの追加と削除で参照ボタンを押して、
.NET FrameWorkコンポーネントにcolourcontrols.dllとcolourcontrols.design.dllを追加します。
dllのパスは上記の通りです。
そして、ColourButtonという項目が2つ増えるのでチェックボックスにチェックを入れて、OKボタンを押します。
これで、VS 2003でも、スマートデバイスアプリケーションで、ボタンの色を変えることができます。

dllのソースコードはC#ですが、VB.NETでも使用できます。

posted by VB.NET+MSDE+ActiveReports at 13:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | .NET CF
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6323037