上書きしてしまったファイルを復活する方法


ファイルをうっかり上書きしてしまった場合、
ほとんどの場合、復元は望めません。
間違えて削除してしまった場合は、ゴミ箱に残っていたりします。
Shiftを押しながら削除してしまうと、ゴミ箱にも残りません。
しかし、削除の場合は、ハードディスク上にファイルが残っている可能性があります。
削除したものは、ファイルの位置を特定できなくなっているだけで、見えない部分に保存されている可能性があるからです。
削除してしまったファイルを復旧するフリーソフトは多数存在しています。

問題なのは、上書きしてしまった場合で、編集中に上書きしてしまったのなら、
ファイルを閉じる前なら、元に戻すボタンで多少はなんとかなります。
しかし、閉じてしまった場合は、どうしようもありません。
そんなときは、Google DeskTopがインストールしてあれば、
復元できる可能性があります。
残念ながら、Google DeskTopをインストールしていない場合は無理です。
次回のために、インストールしておきましょう。
何度も上書きしてしまったファイルでも、Google DeskTopなら、
1分くらいの差があれば、キャッシュに残っている可能性があります。



posted by VB.NET+MSDE+ActiveReports at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファイル・フォルダ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6276001