再起動しないでIPアドレスを再取得する

IPアドレスを自動取得にしておくと、
接続先のルーターを切り替えた場合、
サブネットが違うので、インターネットや
ローカルエリアのネットワークに接続できなくなります。
放置しておくと、いつの間にか
新しいIPアドレスを取得していることもありますが、
ルーターを差し替えて、すぐにネットワークに接続したいのなら、
コンピュータを再起動するか、固定IPの設定をすることになり、
面倒です。



「ローカル エリア接続のプロパティ」を変更する[1]





「ローカル エリア接続のプロパティ」を変更する[2]


で書いた方法でも簡単にIPアドレスを変更することは出来ますが、
これらは、固定IPの設定の場合です。

今回は自動取得の設定のまま、なんとかする方法です。

スタート→すべてのプログラム→
アクセサリ→コマンド プロンプト
で ipconfig/release と入力しEnter
これで一旦、IPアドレスが解放されます。
次に、 ipconfig/renew と入力しEnter
以上で、新しいIPアドレスが取得でき、インターネットや
ローカルエリアのネットワークにも接続できます。
posted by VB.NET+MSDE+ActiveReports at 16:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネットワーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12361397